日本人: Japanese

喘息についての看護師に話す/ Speak to a nurse about asthma

Asthma UKのアドバイスラインに勤める看護師は、150種以上の言語で皆様のご相談にお応えできます。

喘息について日本語で看護師にご相談したいという方は、、アドバイスライン、0800 121 62 44までお電話下さい。電話がつながりましたら、英語で「Japanese」とお申し出ください。その後少々お待ちいただきますが、通訳の電話サービスに接続いたしますので、通訳者を通して喘息専門看護師とお話していただくことが可能です。

Asthma UKの電話相談サービスは、月曜から金曜の午前9時から午後5時までご利用いただけます。BT回線による固定電話をご使用の場合、通話料金は無料です。他の回線の固定電話や携帯電話からの通話の場合には、それぞれ通話料がかかります。

喘息についてお悩みの方、どのようなことでもご相談ください。私どもでは大きな問題から小さな問題まで、すべてのご質問をお受けしております。


Listen to the above in Japanese / English


私たちの日本のFAQのコピーをダウンロードする / Download a copy of our Japanese FAQs

Asthma とは何ですか。 What is asthma?

Q.

Asthma とは何ですか。

A. Asthma は、息を吸ったり吐いたりするときの肺までの空気の通り道、すなわち気道の病気です。Asthmaの患者さんがasthmaのtriggerとなる物質に接触すると、気道の壁の周囲の筋肉がきつく締まって気道が狭くなります。気道の内側の膜が赤く腫れ、しばしば粘液または痰が出てきます。これらの反応は気道をますます狭くし、気道が過敏になって、asthmaの症状を引き起こします。

 

Asthmaの一般的な症状には以下のようなものが挙げられます。

  • 胸がゼーゼー、ヒューヒューと鳴る
  • 息が切れる
  • 胸が締め付けられるような感じがする

Q.

What is asthma?

A.

Asthma is a condition that affects the airways – the small tubes that carry air in and out of the lungs. When a person with asthma comes into contact with an asthma trigger, the muscles around the walls of the airways tighten and the airways become narrower. The lining of the airways becomes red and swollen and often sticky mucus or phlegm is produced. All these reactions cause the airways to become narrower and irritated – leading to the symptoms of asthma.

The common symptoms of asthma are:

  • coughing
  • wheezing or a whistling noise in the chest
  • shortness of breath
  • tightness in the chest.
Asthma の原因は何ですか。 What causes asthma?

Q.

Asthma の原因は何ですか。

A.

Asthma は何歳からでも発症します。Asthmaを起こす原因が何かを知るのは難しく、これまでに以下のようなことが分かっています。

  • 両親または片方の親がasthma患者であれば、asthmaになりやすい。
  • 現代的なライフスタイル、たとえば住居や食事の変化や、より衛生的な環境などがasthmaの増加の原因になっていることも考えられている。
  • 妊娠中にタバコを吸うと生まれてくる子がasthmaを発症する確率が高くなる。
  • タバコの煙に接することでasthmaを発症する確率が高まる。
  • 職場の埃や化学物質などの刺激物質によってasthmaを発症することがある。
  • 環境汚染はasthmaの症状を悪化させることがある。

Q.

What causes asthma?

A.

Asthma can start at any age. It is difficult to know what causes asthma, but so far we know that:

  • if one or both of your parents have asthma you are more likely to have it
  • many aspects of modern lifestyles – such as changes in housing and diet and a more hygienic environment – may have added to the rise in asthma
  • smoking during pregnancy increases the chance of a child developing asthma
  • being exposed to cigarette smoke increases the chance of developing asthma
  • irritants in the workplace such as dust and chemicals may lead to a person developing asthma
  • environmental pollution can make asthma symptoms worse.
どんなものがasthmaの症状を引き起こす(またはtrigger)のでしょう。 What are the things that can set off (or trigger) asthma symptoms?

Q.

どんなものがasthmaの症状を引き起こす(またはtrigger)のでしょう。

A.

気道を刺激するものはどんなものでもtriggerとなり、asthmaの症状を引き起こします。Asthmaは人それぞれに異なり、triggerはひとつだけとは限りません。一般的なtriggerには、風邪やインフルエンザ、タバコの煙、エクササイズ、それに花粉、動物の毛や羽毛、あるいはチリダニなどのアレルギなどがあります。

Q.

What are the things that can set off (or trigger) asthma symptoms?

A.

A trigger is anything that irritates the airways and causes the symptoms of asthma. Everyone's asthma is different and you will probably have more than one trigger. Common triggers include colds or flu, tobacco smoke, exercise and allergies to things like pollen, furry or feathery animals or house-dust mites.

Asthma だと日常生活はどのように変わりますか。 How might asthma affect my lifestyle?

Q.

Asthma だと日常生活はどのように変わりますか。

A.

Asthmaの症状が悪化するために、それまでの日常生活を変えなければいけない人もいます。何がasthmaをtriggerするかを正確に特定するのが難しい場合もあります。猫や花粉と接触後数分で症状が現れるなど、関連性が明らかな場合もありますが、asthma trigger に対する反応が遅れて現れる場合もあります。Asthmaの症状を悪化させるtrigger を避け、asthma medicinesを正しく使用することで、症状が軽くなり、いつものライフスタイルを楽しみ続けることができます。

Q.

How might asthma affect my lifestyle?

A.

Some people may have to change parts of their lifestyle because of worsening asthma symptoms. It can be difficult to identify exactly what triggers your asthma. Sometimes the link is very clear, for example when your symptoms start within minutes of coming into contact with a cat or pollen. However some people have a delayed reaction to an asthma trigger. By avoiding the triggers that make your asthma symptoms worse, and by taking your asthma medicines correctly, you can reduce your symptoms and continue to enjoy your usual lifestyle.

Asthma はどのように治療しますか。 How is asthma treated?

Q.

Asthma はどのように治療しますか。

A.

Asthmaをコントロールしやすくするための優れた治療法があります。Asthma治療の中で最も効果的なのは、肺に直接届くようにmedicineを吸入する方法です。様々なinhalerが出回っていますが、重要なのは、使いやすいinhalerを正しく使うことができるようにすることです。主治医かasthma専門ナースが、患者さんに最適のinhalerについてアドバイスを提供し、どうやって正しく使うかを見せてくれるはずです。

Asthma medicineには大きく分けて2種類あり、両方とも同じように大切ですが、作用は異なります。これらはreliever と preventer です。

  • Reliever inhaler は普通青色で、ゼーゼーしたり咳などの症状がある場合に使用します。これは狭くなった気道の周囲の筋肉をリラックスさせ息をしやすくさせます。Reliever inhalerはasthma発作の治療に欠かせません。1週間に3, 4回Reliever inhalerを使用しなければならない場合は、主治医か看護婦に相談してasthmaの状態を見直してもらい、コントロールできるようにしなければいけません。Reliever medicine を長期間にわたって何度も使用しなければならない場合は、その効果が薄れasthmaが悪化する危険性があります。
  • Preventer inhalersは普通茶色、赤またはオレンジ色です。これは気道の腫れや炎症をコントロールし、過敏性を低下させ、発作が重症になる危険を軽減します。Preventer inhalerの効果は時間と共に高まりますので、毎日、普通は朝晩、気分の良い時でも使わなければなりません。Preventerにはsteroid medicineが含まれています。Preventer medicinesに含まれる steroidは、スポーツ選手が運動能力を向上させるために使用するアナボリックステロイドとは同じではないということを理解していることが大切です。

必要があれば、錠剤のpreventerや長時間作用型のreliever、コンビネーションinhaler(通常は赤と白、または紫色)などを含む、これ以外のmedicineをreliever inhaler と preventer inhalerと共に使うこともできます。このようなmedicineについては、主治医か看護婦にお尋ねください。

Q.

How is asthma treated?

A.

There are some excellent treatments available to help you to control your asthma. The most effective way of taking most asthma treatments is to inhale the medicine so it gets straight into your lungs. There are many different inhalers available and it is important that you use an inhaler that you are comfortable with and can use properly. Your doctor or asthma nurse will advise you on the most appropriate inhaler for you and should show you how to use it correctly.

There are two main types of asthma medicine which are equally important but do different things. They are called relievers and preventers.

  • Reliever inhalers are usually blue and you take them when you have symptoms (like wheeze or cough). They work quickly by relaxing the muscles surrounding the narrowed airways making it easier to breathe. Reliever inhalers are essential in treating asthma attacks. If you need to use your reliever inhaler 3–4 times a week, you should go back to your doctor or nurse and have your asthma reviewed so that you can keep it under control. If you continue to need a lot of reliever medicine over a long time there is a risk that it will become less effective in you and your asthma may worsen.
  • Preventer inhalers usually come in brown, red or orange. They work by controlling the swelling and inflammation in the airways, stopping them from being so sensitive and reducing the risk of severe attacks. The effect of preventer inhalers builds up over a period of time and they need to be taken every day, usually morning and evening, even when you are feeling well. Preventers contain a steroid medicine. It is important to understand that the steroids contained in preventer medicines are not the same as anabolic steroids used by athletes to improve their performance.

There are other types of medicine that can be added to your reliever and preventer inhaler if needed, such as preventer tablets, long-acting relievers and combination inhalers (usually red and white or purple). For information about other medicines speak to your doctor or asthma nurse. 

Asthma medicinesに使われている steroid は安全ですか。 Are the steroids in asthma medicines safe for me to take?

Q.

Asthma medicinesに使われている steroid は安全ですか。

A.

はい。Preventer inhalerを処方されている場合は、それを適切に使用することで、asthmaの発作が起こる危険を著しく減少させることができます。その場合以下の点を忘れないようにしてください。

  • Asthmaを治療するために使用されるsteroid はコルチコステロイドで、これは人の体で自然に生成されるsteroidと同じものです。
  • これはボディービルダーや運動選手が使用するアナボリックステロイドとは全く別のものです。
  • 吸入された steroidsは直接気管に届くので、その他の体の部分にはほんの少量しか吸収されません。
  • 主治医は必要最小限の服用量を処方しなければなりません。
  • Inhalerにはスプレー状(エアロゾル)またはドライパウダーがあります。エアロゾルタイプのinhalerをお使いの場合は、inhaler使用時にスペーサーという吸入補助具を使うのが、medicineを服用する上で最適の方法です。スペーサーは大きなプラスチック、または金属の容器で、片方の端にマウスピースが、その反対側にエアロゾルinhaler用の穴が開いています。
  • 副作用を防ぐためにスペーサーを使用する必要があり、inhaler使用後は口をゆすがなければなりません。
  • 小児の治療については最低6ヶ月ごとに見直しが行なわれなければなりません。
  • 小児がpreventer inhalerを使用する場合は、必ずスペーサーを使用しなければなりません。

Asthmaの症状が重い場合は、主治医が短期間服用するsteroidの錠剤を処方することがあります。これは即効性で、気管の炎症状態を鎮める効果が高い薬です。3日から14日程度の短期間錠剤を服用しても、長期的な副作用は起こしません。Steroidの錠剤は水痘(水疱瘡)に対する体の抵抗力を低下させることがあるので、steroidの錠剤を服用中に水痘の患者さんと接触があった場合は、主治医に知らせなければなりません。小児の患者さんでsteroidの錠剤を服用している場合は、慎重にモニターされる必要があります。

Q.

Are the steroids in asthma medicines safe for me to take?

A.

Yes, in fact if you are prescribed a preventer inhaler and use it properly this will greatly reduce your chance of an asthma attack.  However there are some points to remember:

  • The steroids used to treat asthma are corticosteroids – a copy of the steroids produced naturally in your body.
  • They are completely different from the anabolic steroids used by bodybuilders and athletes.
  • Inhaled steroids go straight down to the airways, so very little is absorbed into the rest of the body.
  • Your doctor should prescribe the lowest possible dose.
  • Inhalers can be in spray form (aerosol) or dry powder form. If you have an aerosol inhaler, using a spacer device with your inhaler is the best way to take your medicine. A spacer is a large plastic or metal container, with a mouthpiece at one end and a hole for the aerosol inhaler at the other.
  • To avoid side effects you should use a spacer device and rinse your mouth after using your inhaler.
  • Children’s treatment should be reviewed at least every 6 months.
  • All children should use a spacer for their preventer inhaler.

Occasionally, if your asthma symptoms become severe, your doctor may give you a short course of steroid tablets. They work quickly and powerfully to help to calm your inflamed airways. Short courses of tablets, anything from 3–14 days, will not give any long-term side effects. Steroid tablets can lower the body's resistance to chickenpox, so you should contact your doctor if you are taking steroid tablets and come into contact with chickenpox. Children using steroid tablets should be monitored closely.

錠剤を服用することでasthmaをコントロールできないのですか。 Why can’t I take tablets to control my asthma?

Q.

錠剤を服用することでasthmaをコントロールできないのですか。

A.

もっとも効果的なasthma治療は、medicineを吸い込み、medicineが直接肺まで届くようにする方法です。ほとんどのpreventer 治療薬にはsteroid が含まれており、非常に少量のsteroidで済むように、inhaler で吸入するのです。

Inhaler medicineが薬を必要としている気道に直接届くために、体のその他の部分に吸収されるのはほんの少量だけです。

Steroidの錠剤を服用する場合には、服用量がこれよりかなり多くなり、その多くの部分が肺だけでなく、体のその他の部分に吸収されてしまいます。Steroidの錠剤を常用、または長期にわたって(何ヶ月または何年も)使用すると、骨が脆くなったり(骨粗しょう症)、あざができやすくなったり、糖尿病、白内障、空腹感の増長、胸焼け、消化不良などを含む、重い副作用を起こすことがあります。気分が憂鬱になったり、気分の変化が激しくなったり、顔に肉がついてきたりすることもあります。

他のinhalerと共にSteroidの錠剤を毎日服用しなければならない人も、少数います。

以下の点を忘れないでください。

  • まれに短期間(3日から14日程度)錠剤を服用しても、長期的な副作用を起こす可能性は非常に低いこと。
  • 主治医またはasthma専門ナースが処方した回数どおりにinhalerを使用しないと、Steroidの錠剤を必要とする可能性がより高くなること。
  • 短期間錠剤を服用することが1年間に1度や2度以上必要になる場合は、主治医またはasthma専門ナースとともにasthmaの見直しを行なわなければならないこと。

 

Q.

Why can’t I take tablets to control my asthma?

A.

The most effective way of taking most asthma treatments is to inhale the medicine by using your inhaler so it gets straight into your lungs. Most preventer treatments contain steroids and taking them by inhaler means that a much lower dose of the steroid can be used.

Because the inhaled medicine goes straight down to the airways where it is needed, very little is absorbed into the rest of the body.

When steroids are taken in tablet form the dose is much higher and most of it will be absorbed into the rest of the body, not just your lungs. Using steroid tablets regularly or for long periods of time (months or years) can have serious side effects including brittle bones (osteoporosis), bruising easily, diabetes, cataracts, increased hunger, heartburn and indigestion. They may make you feel depressed, or have mood swings or develop a fattened face.

A small number of people need daily steroid tablets as well as their other inhalers.

Remember:

  • occasional short courses of tablets (anything from 3–14 days) are very unlikely to give you any long-term side effects
  • if you do not take your inhaler as often as your doctor or asthma nurse has prescribed you will be more likely to need steroid tablets
  • if you find you need more than one or two short courses of tablets a year you should have an asthma review with your doctor or asthma nurse.
Asthmaのコントロールを助けるには。 Helping you to control your asthma

Q.

Asthmaのコントロールを助けるには。

A.

主治医またはasthma専門ナースは、症状をコントロールする最善の方法について患者さんと話し合い、asthma medicines について、また、症状が悪化した場合どうしたらよいかを記録した物(パーソナル Asthma アクションプランとも呼ばれます)を患者さんに提供しなければなりません。何かの理由でこのプランが適していない場合は、主治医に相談してください。

たとえ症状が十分にコントロールされている場合でも、毎年asthmaの見直しを行なわなければなりません、症状のコントロールが難しい場合は、もっとよく。asthmaの見直しは、患者さんと主治医またはasthma専門ナースが症状をよりうまくコントロールできる方法について話し合う場です。ここでInhalerが正しく使用されているかチェックされなければなりません。Asthmaを見直す際には、asthma medicine カードとasthmaをどのようにコントロールするかを記録したもの (パーソナル Asthma アクションプラン) を求めるようにしてください。

Q.

Helping you to control your asthma

A.

Your doctor or asthma nurse should discuss with you the best way you can control your symptoms and should give you a written record of your asthma medicines and what to do if your symptoms get worse (sometimes called a Personal Asthma Action Plan). If this plan does not suit you for any reason, go back to your doctor.  

You should also have an asthma review every year, even if your symptoms are well controlled or more often if your symptoms are difficult to control.  An asthma review is an appointment where you and your doctor or asthma nurse talk about ways you can control your symptoms better. They should also check that you are taking your inhaler correctly.  At your asthma review, ask for an asthma medicine card and a written record of how to control your asthma (Personal Asthma Action Plan).

Asthma が悪くなっているのは、どうやって知ることができますか。 How do I know if my asthma is getting worse?

Q.

Asthma が悪くなっているのは、どうやって知ることができますか。

A.

次のようなことが当てはまる場合です。

  • Reliever治療を必要とする場合が増えている。
  • 咳や、ゼーゼーしたり息切れがしたり、または胸が締め付けられるようで夜中に目が覚める。
  • Asthmaのために学校や仕事などを休まなければならない。
  • 通常のレベルの行動やエクササイズができないように感じる。

以上のようなことが起こった場合はasthmaが十分にコントロールされていないことを示しています。主治医やasthma専門ナースと話して、asthmaをコントロールし直さなければなりません。

Q.

How do I know if my asthma is getting worse?

A.

You may be:

  • needing more and more reliever treatment
  • waking at night with coughing, wheezing, shortness of breath or a tight chest
  • having to take time off school/college/work because of your asthma
  • feeling that you cannot keep up with your normal level of activity or exercise.

Any of these show that your asthma is not controlled and you should see your doctor or asthma nurse to get your asthma back under control.

Asthma の発作が起こったら、どうすればいいですか。 What you must do during an asthma attack

Q.

Asthma の発作が起こったら、どうすればいいですか。

A.

  • Reliever (普通は青色) inhalerを2パフ吸って下さい。
  • きちんと上体を起こして座り、着衣を緩めてください。
  • 発作が直ちに改善されない場合は、reliever inhalerを1分間に1パフ吸い込むことを5分間、または症状が改善されるまで続けてください。
  • 症状が5分間で改善されない場合、または何かおかしいと思ったら至急999か医師に電話をしてください。
  • 助けが来るまで、1分間に1度の割合でreliever inhalerを吸い続けてください。

気分が良くなったとしても、2日以内に主治医に診てもらってください。

Q.

What you must do during an asthma attack

A.

  • Take two puffs of your reliever (usually blue) inhaler.
  • Sit up and loosen tight clothing.
  • If no immediate improvement during an attack, continue to take one puff of reliever inhaler every minute for five minutes or until symptoms improve.
  • If your symptoms do not improve in five minutes – or if you are in doubt - call 999 or a doctor urgently.
  • Continue to take one puff of your reliever inhaler every minute until help arrives.

Even if you feel better you should see your doctor within 2 days

補完医療はasthmaをコントロールしやすくするでしょうか。 Will complementary therapies help me to control my asthma?

Q.

補完医療はasthmaをコントロールしやすくするでしょうか。

A.

多くのasthma患者の方がasthmaのコントロールを助けるために、処方箋によるmedicinesを使わない治療法やセラピーを試してみることに関心を示しています。ヨガ、鍼、ホメオパシー、催眠術、ブテイコウなどの呼吸法を含めたこれらの治療法は補完医療と呼ばれることがあります。

補完医療は処方によるmedicinesほどは研究されていないため、どれぐらい効果があるか、またはどんな害を及ぼすかについて、処方によるmedicinesほどはよく分かっていません。

Asthmaの患者さんの中には、補完医療やそのセラピーがasthmaのtriggerとなるストレスの軽減に役立つという方もいます。息切れなどのasthmaの症状が軽くなったという方もいます。重要なのは、症状は改善されるかもしれませんが、asthma自体がなくなっているわけではないということです。

Asthma UKでは、補完医療を試してみたい方は、まず主治医またはasthma専門ナースに相談するようにアドバイスしています。補完医療は必ず処方されたmedicinesと共に使われなければなりません。

通常のasthma medicines の使用を減らしたり止めてしまうと、asthmaの症状が悪化することがあります。

 

Q.

Will complementary therapies help me to control my asthma?

A.

Many people with asthma are interested in trying treatments and therapies that do not use prescribed medicines to help them control their asthma. These are often called complementary therapies. They include yoga, acupuncture, homeopathy, hypnosis, Buteyko and other breathing techniques.

As complementary therapies have not been studied as much as prescription medicines, less is known about how effective they are or what harmful effects they may have.

Some people with asthma find that some complementary therapies and treatments help to relieve stress which can be a trigger for asthma. Others have been shown to help reduce asthma symptoms, such as breathlessness. It is important to remember that while symptoms may improve the underlying asthma remains.

Asthma UK recommends that anyone who would like to try a complementary therapy or treatment should speak to their doctor or asthma nurse first. Complementary therapies should always be used alongside any prescribed treatment.

It could worsen your asthma symptoms if you reduce or stop taking your regular asthma medicine.

asthma で妊娠していますが、生まれてくる子も asthma になりますか。 I have asthma and I am pregnant, will my baby have asthma too?

Q.

asthma で妊娠していますが、生まれてくる子も asthma になりますか。

A.

これは多くのasthmaを持つ女性のもっとも重要な心配事のひとつです。花粉症やアトピーなど他のアレルギーがある方のように、asthmaもしばしば家族に多く発症する場合があります。環境的な因子を見つけようとする研究も続けられています。

生後数ヶ月間赤ちゃんを母乳で育てると、asthmaを含むアレルギー症状を起こす危険が減るという研究結果も報告されています。

妊娠中にタバコを吸うと幼少期にasthmaやゼーゼーいうようになる可能性が高まります。生まれてくる赤ちゃんがasthmaになる危険を減らすためににしてあげられる一番重要なことは、タバコの煙を避けることです。

服用しているasthma medicinesは赤ちゃんに害を与えません。それどころか、asthma がコントロールされていれば、赤ちゃんも元気でいられます。ですから、asthma medicinesの服用を続けることが重要です。asthma について心配なことがあれば、主治医または看護婦か助産婦に相談してください。

妊娠している場合は、主治医またはasthma専門ナースとasthma の見直しを行なわなければいけないことになっています。

Q.

I have asthma and I am pregnant, will my baby have asthma too?

A.

This is one of the main concerns of many women with asthma. Like other allergic conditions, such as hay fever and eczema, asthma often runs in the family. Researchers are trying to show which factors in the environment also play a part. 

Some, but not all, studies have shown that breast-feeding in the first few months of life may reduce the chance of your baby developing allergic conditions, including asthma.

Mothers who smoke during pregnancy are more likely to have children that develop asthma and wheezing in their early years. The most important thing you can do to reduce a baby’s chance of asthma is to avoid cigarette smoke.

Your asthma medicines won't harm your baby - in fact, your baby will do best if your asthma is under control, so it is important to continue with your asthma medicine.
If you are concerned about your asthma, speak to your doctor, nurse or midwife.

You should have your asthma reviewed by your doctor or asthma nurse if you are pregnant.

更に情報が欲しい場合はどこへ行けばいいですか。 Where can I go to get more information?

Q.

更に情報が欲しい場合はどこへ行けばいいですか。

A.

Asthmaについて、秘密厳守で中立な立場からの無料アドバイスをご希望の方は、Asthma UK のアドバイスラインに電話をしてasthmaケア専門ナースに相談してください。

100ヶ国語以上の言語で(英国内の居住者からの)質問に対するお答えを通訳するサービスも利用できます。電話をかけると、どの言語が必要か聞かれます。そのあとラングエージ・ライン・サービスにつながりますので、asthmaケア専門ナースとの会話を、通訳を通して続けることができます。

Asthma UK アドバイスライン
0800 121 62 44

月曜日から金曜日まで 午前9時から午後5時                                                        

(BT の固定電話からは無料)

Q.

Where can I go to get more information?

A.

For free confidential and independent advice about asthma, phone the Asthma UK Adviceline to speak to our asthma nurse specialists.

An interpreting service is available to answer enquiries (from UK residents) in more than 100 languages. Callers are asked which language they need, and are connected with the Language Line Service so that they can continue their conversation with an asthma nurse specialist through an interpreter.

Asthma UK Adviceline
0800 121 62 44

9am to 5pm, Monday to Friday
(Calls are free from BT landlines)